妊活中の子宮のお話し


 不妊には理由があります。

不妊は、子宮や卵巣の問題だけではありません。自律神経、内臓全体の問題を改善させない限り妊娠は難しい。

子どもを宿す体力が無い、子宮の状態が良くないので、妊娠しても母体や胎児への負担となる為、妊娠ができない状態になっています。

子宮の状態が良くない場合、妊娠中の逆子や赤ちゃんの先天的股関節脱臼、また無理な妊娠は、育てにくい子どもになる可能性が高くなります。

 

母体は胎児に命を半分以上与えます。

その命の継承に耐えうる健康体を保ち、子宮の状態を健全に保つことが、不妊治療(投薬や体外受精)の前に必要でしょう。

 

子宮が硬い、または形状異常(双角子宮、きゅうり型子宮、左屈など)は、生命を宿し、胎児を育てるのに適していない環境となります。

 

まずは、内臓全体を良い状態に保つことが重要なのです。

 

ともナチュラル整体院では、妊活の為の健全な子宮にしていくメディカルケアを行っています。

投薬や体外受精などの前に、まず体の状態を把握し、妊娠できない理由と対策を学びに来てください。

子宮の柔らかさ、血の巡り、体液循環の改善と自律神経のバランス調整。

新しい生命を宿す為の健全な母体作りに。

 通  常   10,000円 [50分] 
 6回セット    50,000円