頭痛の種類

偏頭痛

偏頭痛とは、頭の側面、片側が脈が打つたびに痛むような頭痛です。

月に1~2度から週に1~2度の頻度で起こる頭痛です。

激しい痛みから、ズキズキうずくような痛みと様々です。吐き気を伴う方もいます。

また普段は気にならない音などが気になったり、イライラしたりもするようです。

偏頭痛は命に関わるような頭痛ではありませんが仕事が手に付かなかったりしてしまうことも。

原因としては、首の骨【頸椎】のゆがみが考えられますので早めの処置が必要です。

緊張型頭痛

普段の無理な姿勢などで首から肩、背中にかけての筋肉が緊張し血流の悪化による頭痛。

肩の峰や首の筋肉にできる"トリガーポイント"と呼ばれる、疼痛や不快感などの

引き金になる「しこり」が原因になっていることが最も多いですが

運動不足による筋肉の低下が原因になっている可能性もあるようです。

体のストレスがなくても、精神的なストレスが原因で頭痛になることもあります。

緊張型頭痛は、重だるい不快感、にぶい痛みが特徴です。

首から肩、背中にかけてのコリからくる頭痛なのでコリをほぐさない限り、

毎日のように続く場合があります。

群発頭痛

群発頭痛は、片頭痛のように発作的に起こる頭痛です。

年に数回の頻度で起こり、症状は1~2ヶ月にわたって持続します。

頭痛は、ほとんど毎日で、ときには激しい頭痛に見舞われることもあるようです。

片方の目の奥に強烈な痛みが起こるのも特徴で、涙・鼻水・鼻づまりなどの症状も併発するようです。

お酒を飲むと、頭痛が起こります。

慢性的に肩周辺から頸椎にかけてのゆがみが考えられます。

症候性頭痛

姪浜 頭痛

病気の症状として発生する危険な頭痛も存在します。

 

くも膜下出血

突然、激しい頭痛と吐き気、嘔吐を伴います。

 

脳出血

ろれつが回らなくなったり、手足のしびれや意識障害などを伴い、徐々に頭痛が強くなってきます。

 

脳腫瘍

ガンガンする頭痛の他に、吐き気や嘔吐、手足の麻痺・痙攣、言語障害

視力の低下や視野が狭くなるといった症状が現れることが多い。

 

髄膜炎・脳炎

40度近いの発熱、首筋あたりがかたくなったり、嘔吐があります。

後頭部に強い頭痛と意識障害や痙攣が起こる。

 

慢性硬膜下血腫

お年寄りに多く見られるが、若い方にも見られます。

頭部の強い衝撃などがきっかけになることもあり、ぼけ症状や麻痺を伴います。

慢性的に頭痛を持っている人の場合、それとなる頭痛が発生しても「いつもの頭痛か」

と考え放置してしまうケースがあるので、強い衝撃を受けた後の頭痛は、早めに病院に行き

診断を受けることをおすすめします。

 

 

ともナチュラル整体院へメール
はじめての方
全身リフレッシュ矯正
ともナチュラル整体院 適応症

肩こりの種類

四十肩、五十肩

姪浜 肩こり

痛みで腕が上がらなくなるなど、一般的に老化によるものと言われます。

肩が上がらない、夜に肩がうずいて眠れない、動かすと痛みが走る

などの症状が上げられます。

肩周辺の筋肉がスムーズに動かなくなって症状を発生させるもので

運動不足、栄養不足が原因のひとつに上げられる他

肩周辺の骨のゆがみも考えられます。

胸郭出口症候群

胸郭出口とは、鎖骨と第一肋骨の間にある隙間のことをさします。

この隙間を通る、血管や神経を圧迫し肩や腕に症状がでます。

肩や首にかけでのコリや痛み、腕から肘、手首まで痛みを伴うこともあります。

鎖骨、肋骨、首の骨【頸椎】のゆがみが考えられます。

腕のだるさと手、指の冷感、蒼白などにもなることもあり

なで肩の女性に多い傾向があります。

猫背や姿勢のわるさから症状が発生しますので、早めの姿勢改善の処置が必要です。

注意が必要な肩こり

頸椎、脊髄へのガンの転移などによる痛み

・痛む場所が一定ではない

・日増しに痛みが増していく

・激しい肩こり、頻繁にめまいを伴う

・夜間に強まる痛み

・排泄時の違和感

・腕に広がる痛みや指先の麻痺

 

鎮痛薬や施術の効果もなく日増しに痛みを増していくものは要注意です。

躊躇せずに病院での検査を受けてください。

 

脊髄へ転移しやすいガン

肺がん、乳がん、胃がん、前立腺がん、子宮がんがあげられる。

 

頭痛・肩こり専門院 ともナチュラル整体院

 福岡市西区姪浜駅南2-2-16 サンフラワー姪浜 203