カイロプラクティックってどんな利用するの?

カイロプラクティックってなに??

って時代から、ずっと治療活動をしてきましたが

最近ではようやく浸透してきたかな〜

っと思います。

 

でも、整体なの?カイロってなにが違うの?

という声は、なかなか無くなりません。

やはり専門的なので。

 

今日は、

 

*整体との違いは何か?

 

*カイロってどんな時に利用するのか?

 

を書いていきます。

 

整体とカイロの違い

一般的に「整体」と言われる施術は

東洋医学に基づく、永い歴史の中で培われた経験医療を元に

ツボ、経絡の流れを改善させ筋肉のこりや姿勢ゆがみを整え、

血液やリンパの流れ、ホルモン分泌等を促し

体のあらゆる不調を取り除く方法。

 

 

「カイロプラクティック」は、西洋医学の医学的根拠に基づき

ゆがみのある背骨(椎骨)や骨盤を矯正し、脊髄神経をはじめ、全身の神経の圧迫を

取り除き、痛みや内臓への負担などの緩和、姿勢、筋肉などを正常な状態に戻し

神経伝達や血液、リンパの流れ、ホルモン分泌等を促し

体のあらゆる不調を取り除く方法。

 

整体は、筋肉のコリやツボ、経絡を見ます。

カイロは、骨、神経を見る。という違い。

 

カイロプラクティックって、どんな時に利用するものなの?

カイロプラクティックは、

背骨や骨盤のゆがみ、神経系の痛みや不調を改善させるのに適しています。

神経は全身に張り巡らされていおり

腕も足も体全体、内臓も神経で動いています。

 

その神経がなんらかの形で

圧迫されると、神経の伝達が阻害され

「痛む」「しびれる」「麻痺する」「動かなくなる」「うずく」

などの症状が現れます。

 

その症状は様々。

頭痛、肩こり、不眠、吐き気、めまい、腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰

寝違い、しびれ、冷え性、むくみ、呼吸が浅い、いびき、せき、便秘

生理痛、生理不順、眼精疲労、肋間神経痛、更年期、自律神経失調症

などなど・・

 

カイロプラクティックの可能性は

実に幅広いものです。